お気に入りのペン

誰にだってお気に入りのペンがあると思います。なぜだかわからないけれど、そのペンで字を書くと下手な字もきれいに見えるような魔法のペンです。
大事なペンなのでいざというと時だけに利用して、普段は違うペンを使っていました。
今日、ちょっと大事な書類を書きたくて久しぶりにそのお気に入りのペンをもってきました。これで書けばきれいにまとまって見えるはずです。
いつもの場所から持ってきて書きだしましたが、すぐにかすれてきてしまいます。もしかして・・・とインクの残量を見たら見事空っぽになってしまっていました。はぁ~という感じです。
新しいものを買えばそれで済むんだけれど、どうやらもう発売していないようで、文房具が置いてあるお店を見るたびにいつも探していたんですが、同じ商品を見つけることができません。
だから最後の貴重な1本だったんです。そのペンもついに・・・と思うとがっかりしてしまいます。
とりあえず違うペンで書き手仕上げましたが、やはりまとまりのない読みにくい時になってしまうのですから不思議です。インクがなんくなってもう使えないのは分かっていても、何だか捨てるに捨てられないペンとなってしまいました。またお気に入りになりそうな書きやすいペンを探すことにしましょう。